牛乳Q&A

当組合の活動で、過去に多くお問い合わせいただいた内容について、Q&A形式でご覧いただけます。

(一般社団法人Jミルクホームページより抜粋)

牛乳を飲むと太るって本当?

牛乳200mlのエネルギー138kcalは、20歳代女性の1日に必要な1,950kcalの7%にすぎません。
少ないエネルギーにもかかわらず、良質なたんぱく質、ビタミンAやB2、日本人に不足しやすいカルシウムを豊富に含んでいます。
中でもカルシウムは227mg含まれ、1日の推奨量650mgの35%を摂ることができます。
牛乳の脂肪分は、酪酸などの短鎖脂肪酸が含まれ、エネルギーとして代謝されるのでカラダに蓄積しにくい脂肪といわれています。
詳しくは下記の「Jミルクのホームページ」をご覧ください。

体づくりに牛乳を飲むといいって本当?

牛乳は、カルシウムはもちろん、筋肉をつくるうえで重要なアミノ酸が豊富に含まれるので、筋力の維持や向上、健康的なダイエットなど、目的に合わせた体づくりをサポートしてくれます。
詳しくは下記の「Jミルクのホームページ」をご覧ください。

ヨーグルトが花粉症に効くって本当?

ヨーグルトを製造するうえで欠かせないのが乳酸菌です。
乳酸菌には、代表的な働きとして、次のようなものが挙げられます。

●アレルギー症状の軽減
花粉症などのアレルギー症状をやわらげる。

●整腸作用
消化管の有害物質を抑え、菌叢(きんそう)を正常にする。消化管の運動を促進して便通を整える。ビフィズス菌などの善玉菌を増やす。

●消化吸収を促進
牛乳を乳酸菌発酵により栄養の消化吸収を促進する。

●免疫力を高める
病気への抵抗力をつける。

詳しくは下記の「Jミルクのホームページ」をご覧ください。

\ お気軽にお問い合わせください/

こちらも、ぜひご覧ください。